フェルメ 林檎のタルト 絶品です。

タルト専門店フェルメ

いきなりですが

数ある菓子の中でも上位にくるほど、ぼくは「タルト」が大好きです。

タルトとは

タルト(フランス語)は、クリームやフルーツ等で飾り立てた、円形のデコレーションケーキである。基本的には切り分けて食べる焼き菓子のことを示します。

タルト生地(パートシュクレ)というものが存在し、これを使ったものを指します。

引用:Wikipedia

 

早速ですが、大分には「フェルメ」というタルト専門店があります。

以前は大分市の上白木にあったお店ですが、2019年8月より大分県の由布市狭間町に移転しています。

実はぼく「フェルメ」の、「ある商品」の大ファンでして、上白木のお店が閉店したときはかなりショックでした。

お店が再営業したときに心から

「よかった」

と思うほど愛してやまない「ある商品」が・・・

林檎のタルトはちみつのブルーチーズケーキ(夏以外で販売)です!

後ほどレビューしますが、好きでたまらないです。

何回リピートしたことか・・・

では早速、お店の外観から・・・といきたいところですが、「フェルメ」オーナーよりブログ、SNS等にお店は載せないでほしいとの要望がありましたので、載せません。

一応「フェルメ」のHPのリンクを貼っておきます。

「フェルメ」HP

林檎のタルト

 

アルミを敷いて提供します。

薄切りにした林檎が絶妙な甘さで煮詰められています。

購入の際にシナモンをかけるかどうかを聞かれますが、これはできればかけてください。相性抜群です。

クッキー生地は細かく砕かれ、適度な硬さがあります。パートシュクレ部は食感を残しつつ、滑らかに仕上げています。

食べてみると・・・

美味しい

の一言です。本当に美味しく作られています。甘すぎず、それぞれの食感のバランスが絶妙です。是非食べてみてください。

はちみつのブルーチーズケーキ

サクラ印のスティック蜂蜜がついています。好みではちみつを調整できるのがいいですよね。

クッキー生地を使ったベイクドチーズケーキです。

写真からわかるようにクッキー生地の上にブルーチーズの層が見えます。

そのまま食べると甘さ控えめすぎるくらいに甘くないです。なんなら塩分を感じるくらいに・・・

そこではちみつです。

量はお好みですが、少し多いくらいにかけるのがオススメです。

はちみつとの相性は抜群で、絶妙にマッチします。

大人のスイーツです。ワインやウイスキーなどの洋酒との相性も抜群です。

まとめ

最近ではメディアの露出も少ない「フェルメ」ですが、依然と変わらず抜群に美味しいタルトを提供されています。

キルフェボンなどの新鮮なフルーツ押しのタルト有名店は数あれど、単純にタルトの原点を考え、タルトを味わうのであれば「フェルメ」抜群にオススメです。

フェルメ

所在地 〒879-5518 大分県由布市挾間町北方536−6 Gotoビル

時間 11時30分~19時 定休日 水曜日

※電話はありません。
おすすめの記事