かんらく チーズスイーツ専門店の実力はいかに?

2019年8月5日(月)に、『かんらく』はオープンしました。

店名にピンときたのはぼくだけではないはずです。

“乾酪”

そうです。チーズです。
この「かんらく」ではほぼすべての商品にチーズを使っており、すべて無添加とのことです。

さっそく外観です。

この日は金曜日・・・

11時開店なのですが、開店時には5~6組ほどの列ができていました。

店内は白を基調とした漆喰の壁のおしゃれな空間です。

ショーケースには看板商品の「半熟タルト」、「クリームチーズとベリーの大福」378円や「スコーン(4種類)」346円、「今月のサンド」500~円、かんらくプリンetcが並びます。

ボトル入りのクッキーや、写真はないですが、チーズを使用したパンが並んでいます。

この時点で外を見てみると列は10組ほどに増えていました。

この「かんらく」ですが、1人ずつの注文方式をとっています。ちょうど大分の有名パン屋「引き算」と同じ販売方法です。行列ができやすいシステムです。なぜなら・・・

回転が遅い!

大体1人のお客さんに2~3分の注文時間をとるので、後列には次から次へと並んでいき行列ができます。

これを見た人は、「あの行列何?」となり、行列が行列を呼ぶ状況が出来上がります。戦略としては完璧ですね。すぐに買えない心理がプレミア感を演出します。

販売戦略の分析はさておき、実際に「かんらく」の商品を購入してレビューしていきます。

まずは看板商品の「半熟チーズタルト」(1500円)です。包装がおしゃれですね。

午前中には完売してしまう大人気商品です。

大きさとしては直径12cmくらいです。

カットして断面を見てみます。濃厚なチーズクリームがたっぷりです。上にはレモンのジャムがのっています。

レモンの酸味と、濃厚で甘さを強めにしたクリームがマッチします。美味しいですね。しかし、正直な感想ですが、結構ありがちな味です。

見た目がオシャレなので、金額的にも、お土産にいいですね。

次はスコーン(4種類)です。

黒豆とチーズのスコーン(370円)

あんこと生クリームのスコーン(320円)

生ハムとクリームチーズのスコーン(380円)

ラムレーズンスコーン(320)円

はっきり言います!

かんらくのスコーン、ビッグマック並みに「食べにくい」(笑)

でも美味しいです。

スコーンはパサつくイメージですが、それぞれ、クリームチーズ、生クリーム、レーズンバターと油脂分の多いものがサンドされているため、パサつきはありません。スコーン自体もうまく作っています。

4種類全部美味しいですが、ぼくのおすすめは「黒豆とチーズのスコーン」甘めの黒豆と酸味のあるチーズの相性が好みでした。

 

かんらくプリン(320円)

かんらくで一番おすすめがこれです。

上には濃厚なクリームチーズ、底にはカラメルが入っています。

また、プリン自体もなめらかです。

酸味、濃厚な食感、そして、苦み

絶妙でした。

クリームチーズとベリーの大福(350円)

かんらくプリンの次にお勧めしたいのがこれです。

求肥にスポンジ、チーズクリーム、ベリーのジャムが入っています。

求肥には3種類の製法があります。「水練り」「茹で練り」「蒸し練り」

かんらくでは「水練り」の求肥が使用されており、最もやわらかくなめらかなのに対して日持ちはあまりしません。

この「水練り」の求肥と、クリーム、スポンジのすべてがなめらかなので、とても口当たりがよく、口の中でとろけていくような食感です。すごく美味しいです。

かんらくクッキー(800円)はボトルで販売しており、ボトルはブラックとホワイトから選んで購入できます。甘さを控えたクッキーです。ブラックペッパーとチーズのクッキーが面白いですね。

ガトーショコラ(380円)

チーズを使用したトリッキーなガトーショコラと思いましたが、普通の王道ガトーショコラでした。普通に美味しかったです。

いかがでしたか?

個人的には、もっとがっつりチーズ感がほしかったです。せっかくチーズスイーツ専門店なので、もっと尖ってほしかったです。

例えば、神戸の観音屋のチーズケーキのように・・・

観音屋

お土産なんかにはいいですね。

ちなみ支払いは現金のみです。

所在地 〒870-0823 大分県大分市東大道1丁目8−20 フローラハイライズ駅南

時間: 11:00~16:00(なくなり次第終了) 定休日 火曜日
おすすめの記事